洗車や水やりの時に便利な外部水道

外用水栓の使い道は多種多様

注文住宅を建てる際、多くの人が住宅本体を建てることにばかり注意を払ってしまいますが、マイホームは住宅だけで成り立つものではありません。駐車場や庭、門扉などの外構工事も必要となります。これらの外構工事の際に考えなければならないもののひとつが、外部水道です。外部水道とは外用水栓とも外水道とも呼ばれるもので、家の内部ではなく外に設置する水道のことです。外部水道は、様々な用途があります。洗車をするときに始まり、庭での水やり、エクステリアの掃除などが主な用途といえるでしょう。外に水道がなかったとしても、できる作業なので、必要ないと感じる人もいますが、手間が段違いです。

水道の威力も異なれば、水を運ぶ労力も異なるので、設置をしっかりと考えて、設計と費用の計算をすることが必要となります。

水道の位置と見た目に注意

外用水道を設置する際に考えることは、水道をどこに設置して、どのようなデザインにするのかということです。基本的には前面と後面にひとつずつ設置するもので、対角の位置に設置すればホースで前面をカバーすることができるようになります。しかし、水道を何を目的として設置するのかを考えればより使いやすくなるでしょう。洗車やエクステリアの掃除に使用するならば、駐車場や門扉、玄関の近くに設置しますが、ガーデニング用ならば庭の中央付近でも構いません。また、デザインも用途と位置によって変わります。洗車用の水道ならば、長いホースを設置できるデザインのものが必要になるでしょう。

門扉や玄関近くに設置するならば、外からは目立たないデザインが必要です。ガーデニング用ならば、水道のデザインとともに、じょうろなどのガーデニング用品を収納するスペースも合わせて考える必要があります。

分譲住宅は、購入前にすでに家が完成しているので、どのような家か確認することが可能です。生活様式を想像しやすく、想定外のデメリットに遭遇することもないことがメリットといえます。